手術器材の安全対策

.01

手術器材による2次感染の防止

1-1image

通常の滅菌方法で殺滅・除去できない特殊な感染が発生した場合、器材の使用履歴と滅菌履歴から、感染の疑いのある器材を全て特定し、利用時に警告します。

.02

耐用限度超過による事故の防止

1-2image

古い持針器のチップ剥がれ、マイクロ剪刀の折損など、耐用限度超過による破損は医療事故の元です。『中材名人』は、手術器材の使用回数等(1)を記録し、破損事故に備えます。また、これらデータ(2)は修理・購入計画にも活用できます。

  • (1)
    使用回数はRFIDの滅菌回数です。
  • (2)
    使用履歴の分析は有料オプションです。
.03

手術器材の供給モレ防止

1-3image

手術器材の準備は、迅速・正確に行う必要があります。『中材名人』は、器材の必要数と実際に取り揃えた数を分かり易く表現し、取り揃えの漏れや取り間違いを防ぎます。

.04

徹底した滅菌管理

1-4image

『中材名人』は、滅菌履歴(3)を記録し滅菌期限切れを警告します。また、未滅菌物や滅菌方法の違いも警告します。

  • (3)
    滅菌履歴は滅菌作業者、使用した滅菌機、滅菌日、BI、CI、BD、目視の各判定結果を記録できます。

問い合わせ

株式会社エバ
システム機器グループ

052-891-1208

月~金 9:00~18:00(土・日・祝日、当社休業日を除く)